Intro to Enamel

1. 七宝焼の基礎知識/ Intro to Enamel

 

七宝焼きとは、金属の素地の上にガラス質の釉薬を乗せて、高温で焼くことで溶かし、色や模様を付ける伝統技法です。その歴史はとても長く、ツタンカーメンのマスクに使われているのが世界最古の七宝と言われています。その後シルクロードを通ってアジアにも流通し、日本では明治時代に盛んに作られ、輸出されました。

七宝には様々な技法がありますが、中井ヒットの作品では主に「有線七宝」が使われています。有線七宝とは、銀や銅の土台の上に下地を乗せ、リボン状の純銀の線を立てて模様や仕切りをつくり、その中に色々な色の釉薬をさして高温の窯で焼いたものです。

また中井ヒットはパリやリモージュでフランス七宝も長く経験しました。フランス七宝では下地の上に筆を使って描く「ペイントエナメル技法」など日本の七宝とは異なる点も多く、絵の具や道具も変わってきます。「七宝焼き」と一言で言っても様々な国で様々な技法があり、幅広い表現を見ることができることも、七宝焼きの魅力のひとつです。

 

 

2. 有線七宝の作業工程

 

 

1

土台となる銀や銅などの金属(胎と言います)を用意します。自分で鍛金・彫金を行ったり、すでにある素材を使うこともあります。

 

 

 

 

 

 

2

胎の上に、下地となる白色や銀箔を乗せます。その後、下絵を描いていきます。

 

 

 

 

 

 

3

下絵の通りに、リボン状の銀線を立てて貼り付けていきます(植線=しょくせん)。この線がしっかり付いていないと、すき間から色が漏れ出てしまうため、慎重さと正確さが求められます。

4

銀線で仕切った場所に少しずつ色(釉薬)を入れ、窯で焼きます。この作業を数回行って、徐々に高さを出していきます。色によって溶ける温度が違ったり、焼くことで見た目の色が変化するため、思った通りに仕上げるには長年の経験が必要です。

​5

はみ出した銀線を研いだり、最後に透明な釉薬を全体的にかけて研ぐなど、焼く作業や研ぐ作業を繰り返す。

 

 

 

 

6

きれいに研いでできあがり

1. Intro to Enamel

Enamel is made by fusing powdered glass to a substrate by firing at a high temperature. The powder melts, flows, and then hardens to a smooth, durable vitreous coating. Enameling is an old and widely adopted technology, for most of its history mainly used in jewelry and decorative art. It' s said that the oldest enamel is used in ancient Egyptian Tutankhamun's mask. It's exported to Asia using the silk road and came to Japan. It's made much in Meiji era and exported aboard.

There are many ways of Enameling, but Hitto uses Cloisonné, French for "cell", where thin wires are applied to form raised barriers, which contain different areas of enamel.

Hitto also aquired a skill of Paint Enamel when she was in France. They use different skill, techniques and tools, which makes the work looking different from Japanese ones.

Enameling has a wide variety of tradition and techniques worldwide, which is one of the interesting facts of Enameling.

2. Cloisonné Process

1. Prepare for the base metal. Hitto usually hammers the metal by herself, but some get ready-made materials.

2. Put white enamel or a silver leaf on the body metal and draw a design draft on it.

3. Put silver wires along with the draft. The cloisonné wire must be glued tightly to the enamel surface not to let the colors go out from crevices.

4. Place color powders, enamel, into each section for a small amount and fired. By repeating that process, the enamel gets thick. The preferred temperature varies by color, and the color changes by firing. Meaning, the enameler need to experience for years and years to acquire solid skills for perfect results. 

5. Repeat polishing and firing to fine the piece.

6. Polish to finish.

 © 2018 by Nakai Hitto. All Rights reserved.このサイトに掲載された全ての著作権は中井ヒットに帰属します。無断転載はご遠慮ください。